お役立ちコラム, お知らせ

「ストレスチェック」について

こんにちは、相談員の永田です。

ストレスを感じることは誰にでもあることだと思います。ストレスをためない秘訣の一つは「自分のストレスに気づく」ことです。代表的なストレスのサインとして心理面では「悲しい、憂うつ、いらいらする、やる気が出ない」、身体面では「食欲減退、寝付きが悪い、朝早く目覚める」、行動面では「消極的になる、飲酒量が増える、身だしなみが乱れる」等々が揚げられます。サインに気づいたときは、早めの対応をとりたいものです。

平成27年12月から、「ストレスチェック制度」が始まりました。この制度では、労働者が常時50人以上の事業場において、年1回、すべての労働者(契約期間が1年未満の者や、労働時間が通常の労働者の所定労働時間の4分の3未満の短時間労働者を除く。)に対して実施することを義務としています。労働者が自分自身のストレスの程度を把握し、ストレスが高い状態の場合は医師の面接を受けて助言をもらったり、会社側に仕事の軽減などの措置を実施してもらったり働きやすい職場づくりを進めることによって、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止することを主な目的としています。心の健康作りに有効と考えられますので実施義務のない事業場においても積極的な取組をお勧めします。実施に当たっては、情報の取扱いなど、注意点もありますので、お気軽にNIKOROにお問い合わせください。

新潟雇用労働相談センターでは、月曜から土曜の朝8時半から夜7時まで、弁護士・社労士が無料で相談に乗っております!
      ▼▼▼お問合せ・ご相談はこちら▼▼▼

      フリーダイヤル 0120-540-217(こようにいーな)まで。
      もしくは、こちらの相談フォームよりお願いいたします。
       https://niigata-elcc.jp/request/


ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください。