お役立ちコラム, お知らせ

従業員のメンタルヘルス管理の重要性

新潟雇用労働相談センター相談員の内山です。

従業員が適応障害やうつ病などの精神疾患を発症して長期間休養しているという職場が、最近では珍しくなくなったように思います。精神疾患の原因がハラスメントや過重労働などの場合、労災となる可能性もあります。その場合、例えば休職が1年間続いたとしても、法律上退職させることができないことも十分あり得ます。

せっかく採用した大切な従業員が、職場が原因でメンタルヘルスの問題を抱えてしまうことは、事業主にとっても大きな損失です。そのようなことのないよう、過重労働やハラスメントのない職場づくりが事業主にとって重要となるのです。

NIKOROでは労働時間管理やハラスメント防止のための労務セミナーを開催しております。ぜひ、そのような視点でセミナーへ参加してみてください。

 

新潟雇用労働相談センターでは、月曜から土曜の朝8時半から夜7時まで、弁護士・社労士が無料で相談に対応しております!
▼▼▼お問合せ・ご相談はこちら▼▼▼
フリーダイヤル 0120-540-217(こようにいーな)まで。
もしくは、こちらの相談フォームよりお願いいたします。
 https://niigata-elcc.jp/request

 


ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください。