お役立ちコラム, お知らせ

起業の喜びと責任の大きさ

こんにちは、新潟雇用労働相談センター相談員の塩田です。

事業主として起業をすると、経営に関する判断は全て自分で責任を負うことになります。

企業に勤務していたときは、組織の決定によって働くことが多かったと思いますが、事業主になると自分の判断がそのまま事業の運営に大きな影響を与えます。責任は大きくなりますが、成功したときの喜びは、起業をしなければ得られないものでしょう。

夢と情熱を持って経営をスタートし、安定した経営が行えるようになっても、その事業を継続していくことには、起業時の何倍ものエネルギーが必要となります。さまざまなトラブルが発生することもありますが、知識があることで、トラブルに余裕をもって対応することができます。特に、従業員を雇用した後の労働関係のトラブルには、正しい労働関係法令の知識が必要となりますので、トラブルが発生する前に、社内規定等について、早めに専門家へご相談されることをお勧めします。

新潟雇用労働相談センターには、労働関係法令の専門家(社労士、弁護士)が多数在籍しています。ご利用をお待ちしています。

 

新潟雇用労働相談センターでは、月曜から土曜の朝8時半から夜7時まで、弁護士・社労士が無料で相談に対応しております!
▼▼▼お問合せ・ご相談はこちら▼▼▼
フリーダイヤル 0120-540-217(こようにいーな)まで。
もしくは、こちらの相談フォームよりお願いいたします。
 https://niigata-elcc.jp/request

 


ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください。