お役立ちコラム, お知らせ

農業法人の採用計画

こんにちは、新潟雇用労働相談センター相談員南澤です。

農業の保険関係の適用条件は、個人の場合、従業員が5人未満であれば労働保険(労災保険・雇用保険)は任意適用、社会保険(健康保険・厚生年金保険)は人数に関わらず任意適用ですが、法人の場合は強制適用です。必ず加入しなければいけません。

近年、法人化する農家経営体が増えていますが、従業員を採用する場合には、賃金額だけではなく、保険料の負担額も考慮して人件費を見込んでください。例えば、月給20万円で採用した場合、労働保険の事業主負担は月額で約4,000円、社会保険料の事業主負担は約28,000円となります。保険料負担分を含まずに採用計画を立てると、実際には当初の見込みと大きく違ってしまいます。

法人化し従業員を採用する場合には、保険料負担分を考慮して採用計画を立てましょう。

 

新潟雇用労働相談センターでは、月曜から土曜の朝8時半から夜7時まで、弁護士・社労士が無料で相談に対応しております!
▼▼▼お問合せ・ご相談はこちら▼▼▼
フリーダイヤル 0120-540-217(こようにいーな)まで。
もしくは、こちらの相談フォームよりお願いいたします。
 https://niigata-elcc.jp/request/

 


ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください。