お役立ちコラム, お知らせ

36協定を締結する際の労働者代表の選び方

こんにちは、新潟雇用労働相談センター相談員の小柳です。

36協定を締結する際に、労働者の過半数で組織する労働組合のない場合には、労働者代表を選出しなければなりません。この労働者代表は、以下の条件を満たす必要があります。

  1. 労働者の過半数を代表していること
  2. 労働者は正社員だけでなく、パートやアルバイトなども含み、かつ、現在休職している労働者も含みます。
  3. 民主的な選出手続が取られていること
  4. 選出目的(36協定の締結)を明確にして、投票、挙手などにより代表者を決定することになります。会社側が指名しているようなケースでは、民主的な選出手続を取ったとは言えません。
  5. 管理監督者に該当しないこと

労働者代表がこれらの条件をすべて満たしていなければ、36協定を締結しても、その効力自体を否定されかねませんのでご注意ください。

 

新潟雇用労働相談センターでは、月曜から土曜の朝8時半から夜7時まで、弁護士・社労士が無料で相談に対応しております!
▼▼▼お問合せ・ご相談はこちら▼▼▼
フリーダイヤル 0120-540-217(こようにいーな)まで。
もしくは、こちらの相談フォームよりお願いいたします。
 https://niigata-elcc.jp/request/


ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください。