お役立ちコラム, お知らせ

2019年4月から36協定が変わります

こんにちは、新潟雇用労働相談センター相談員の塩田です。

働き方改革関連法の成立により、改正後の各法律が2019年4月から本格的に施行され始めます。

改正労働基準法においては、政府が重要課題として取り組んでいる「長時間労働の削減」を目指すため、時間外労働時間に罰則付きの上限が設けられることとなりました。

時間外労働時間の上限は月45時間・年360時間とされ、臨時的な特別の事情がなければ、この上限を超えることができなくなります。

また、今までは、特別の事情があった場合に延長できる限度時間(特別条項で定める特別延長時間)には上限がありませんでしたが、この特別延長時間についても、年720時間、複数月平均80時間以内(休日労働を含む)、月100時間未満(休日労働を含む)のいずれも超えることができなくなり、さらに、月45時間を超えることができる月数も年間6か月までとなりました。

この規定は、大企業においては2019年4月1日から、中小企業においては2020年4月1日から施行され、届出様式も変更されます。

これから新しく36協定を締結する場合には、労使間でよく話し合いをして、協定で締結する時間外労働・休日労働時間数を必要最小限にとどめることが重要になります。

詳細については、順次公表されていく予定ですので、今後の動向にも注目してください。

 

新潟雇用労働相談センターでは、月曜から土曜の朝8時半から夜7時まで、弁護士・社労士が無料で相談に対応しております!
▼▼▼お問合せ・ご相談はこちら▼▼▼
フリーダイヤル 0120-540-217(こようにいーな)まで。
もしくは、こちらの相談フォームよりお願いいたします。
 https://niigata-elcc.jp/request/


ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください。