お役立ちコラム, お知らせ

「固定残業代でも労働時間管理が必要です」

こんにちは、新潟雇用労働相談センター相談員の内山です。

「残業時間を管理するのが面倒だから固定残業代を払っています」というお話を聞くことがあります。

しかし、固定残業代を導入していても、労働時間の管理は必要です。残業時間が固定残業代で賄える範囲を超過した場合には、その超過した分を追加して支払わなければならず、いずれにせよ労働時間の管理が必要となるのです。

さらに、労働時間と無関係に、一律に固定残業代のみを支払っているような場合には、それが「残業代」として認められず、別途残業代を支払わなければならない場合もあります。それだけでなく、残業代の計算基礎となる賃金に、固定残業代の金額も上乗せしなければならなくなる可能性もあります。

このように、労働時間管理は使用者の基本的な責務であり、簡単に免れるものではないことにご留意ください。

新潟雇用労働相談センターでは、月曜から土曜の朝8時半から夜7時まで、弁護士・社労士が無料で相談に対応しております!
▼▼▼お問合せ・ご相談はこちら▼▼▼
フリーダイヤル 0120-540-217(こようにいーな)まで。
もしくは、こちらの相談フォームよりお願いいたします。
 https://niigata-elcc.jp/request

 


ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください。