お役立ちコラム, お知らせ

36協定の特別条項に定める「特別の事情」とは?

こんにちは、新潟雇用労働相談センター相談員の玉木尚子です。

36協定について、いわゆる「特別条項」を設けることがありますが、この「特別条項」が適用できるのは「限度時間を超えて労働時間を延長しなければならない特別の事情(臨時的なものに限る。)」が生じたときに限られています。それでは、「特別の事情(臨時的なものに限る。)」とはどのような事情のことを指すのでしょうか。

「臨時的なもの」とは、一時的又は突発的に時間外労働を行わせる必要があるものであり、全体として1年の半分を超えないことが見込まれるような事情のことです。また、具体的な事由を挙げず、単に「業務の都合上必要なとき」又は、「業務上やむを得ないとき」と記載するなど、恒常的な長時間労働を招くおそ恐れのあるもの等については、「臨時的なもの」には該当しません。あくまでも「一時的・突発的」に必要な事情を、具体的に決めるが必要です。

 

新潟雇用労働相談センターでは、月曜から土曜の朝8時半から夜7時まで、弁護士・社労士が無料で相談に対応しております!
▼▼▼お問合せ・ご相談はこちら▼▼▼
フリーダイヤル 0120-540-217(こようにいーな)まで。
もしくは、こちらの相談フォームよりお願いいたします。
 https://niigata-elcc.jp/request/


ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください。