お役立ちコラム, お知らせ

36協定はありますか ~ 新しい店舗を作るときにやらなければならないこと ~ 

こんにちは、新潟雇用労働相談センター相談員の廣井です。

事業拡大に伴い、新規店舗や支店をオープンする際は、やらなければならないことがたくさんあります。新しく採用した社員、パート、アルバイト一人一人の社会保険、労働保険の手続きや労働条件通知書の交付等に加え、事業所全体としての必要な手続きも忘れないようにしましょう。例えば、36協定は事業場単位になりますので、本店で既に締結・届出していたとしても、新たにオープンする店舗のために改めて締結し、届け出ることが必要です。

36協定は締結・届出をして初めて、法定労働時間(原則として1日8時間、1週40時間)を超えて残業をさせても良いというものですので、開店準備など新規開業時のバタバタが始まる前に、予め労働者の過半数を代表する方と締結し、労働基準監督署に届け出ておきましょう。

また、36協定は会社も労働者も内容をよく理解した上で、締結、周知、運用することが大切です。36協定に関することは、新潟雇用労働相談センターへお気軽にお問い合わせください。

新潟雇用労働相談センターでは、月曜から土曜の朝8時半から夜7時まで、弁護士・社労士が無料で相談に対応しております!
▼▼▼お問合せ・ご相談はこちら▼▼▼
フリーダイヤル 0120-540-217(こようにいーな)まで。
もしくは、こちらの相談フォームよりお願いいたします。
 https://niigata-elcc.jp/request

 


ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください。