お役立ちコラム, お知らせ

『労働契約と就業規則で労働条件が異なる場合』

こんにちは、新潟雇用労働相談センター相談員の相馬です。

入社時には、会社と労働者の間で、労働条件(労働時間や休日、給与など)を明確に定め、労働契約を締結します。労使間で労働条件等を定めるものには、労働契約の他にも、就業規則や労働協約等があります。もし、入社時に締結した労働契約の労働条件と、就業規則で規定されている労働条件で異なる部分がある場合、どちらの労働条件が優先されるのでしょうか。答えは、「まずは就業規則」が優先されます。労働契約のある部分が就業規則と異なる場合、その労働契約のすべてが無効になるわけではなく、異なる部分のみが無効となり、無効となった部分が就業規則の内容に読み替えられます。ただし、労働契約の内容が、就業規則に比べて労働者に有利であれば、「労働契約」が優先されます。労働契約書と就業規則のそれぞれを確認してみましょう。

新潟雇用労働相談センターでは、月曜から土曜の朝8時半から夜7時まで、弁護士・社労士が無料で相談に対応しております!
▼▼▼お問合せ・ご相談はこちら▼▼▼
フリーダイヤル 0120-540-217(こようにいーな)まで。
もしくは、こちらの相談フォームよりお願いいたします。
 https://niigata-elcc.jp/request


ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせください。